コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

向斜 コウシャ

デジタル大辞泉の解説

こう‐しゃ〔カウ‐〕【向斜】

褶曲(しゅうきょく)した地層の谷にあたる部分。⇔背斜

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

向斜【こうしゃ】

地層の褶曲(しゅうきょく)の波の谷に当たる部分。背斜の対。
→関連項目背斜

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

岩石学辞典の解説

向斜

褶曲で上方に凹部を向けた部分を向斜の構造という.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうしゃ【向斜】

地層が褶曲しゆうきよくして谷形になっている部分。 ↔ 背斜

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

向斜
こうしゃ

地層が褶曲(しゅうきょく)した状態で、その内側に若い地層がある場合を向斜とよぶ。その反対に内側に古い地層がある場合を背斜とよぶ。地層の上下は関係なく褶曲の凹部が上を向いていて谷型になっている状態を向斜状といい、下を向いて山型になっている状態を背斜状という。多くの場合、向斜は向斜状をなすが、横臥(おうが)褶曲におけるように地層の大規模な逆転がある場合には、背斜状向斜が現れる。これは褶曲の形は山型になっているが、地層はすべて逆転していて内側に若い地層があるものである。[村田明広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の向斜の言及

【褶曲】より

…これらはスランプslump褶曲と呼ばれたり,特定の層準に限られて発達することが多いので,層内褶曲と呼ばれることがある。
[背斜と向斜]
 水平面を基準として上方に凸面を向けた褶曲を背斜状構造antiformといい,逆の場合を向斜状構造synformと呼ぶ。一方,褶曲の姿勢とは無関係に,褶曲の内側に向かって順次より古い地層が存在する褶曲を背斜anticlineといい,逆により新しい地層が見いだされるものを向斜synclineという(図1)。…

※「向斜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

向斜の関連キーワードプリオマグマティック地帯ミオマグマティック地帯エンシアリック地向斜ジオテクトクラインクラトン内部の盆地イディオ地向斜エピユー地向斜エクソクライン沿大陸地向斜タフロ地向斜エクソ地向斜デルタ地向斜ユー地向斜残留地向斜本州地向斜ミオ地向斜フリッシュ逆扇状構造秩父地向斜準地向斜