コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

褐色粘土 かっしょくねんど

1件 の用語解説(褐色粘土の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かっしょくねんど【褐色粘土】

褐色粘土は生物遺骸を重量で30%以下(平均で有孔虫9%,放散虫0.7%)を含む遠洋性粘土で,直径4μm以下の粒子が約80%を占める。それは全海洋面積の28%を占め,水深4500~7000mの大洋底に分布し,それより浅くなると石灰質軟泥に漸移する。その色は赤色がかった褐色ないしチョコレート色を帯びた褐色で,赤粘土red clayと呼ばれたが,最近は褐色粘土brown clayが正式に使用されている。その色は鉄とマンガン水酸化物によるもので,酸化環境の海底で生じたためである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone