コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

褐色粘土 かっしょくねんど

1件 の用語解説(褐色粘土の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かっしょくねんど【褐色粘土】

褐色粘土は生物遺骸を重量で30%以下(平均で有孔虫9%,放散虫0.7%)を含む遠洋性粘土で,直径4μm以下の粒子が約80%を占める。それは全海洋面積の28%を占め,水深4500~7000mの大洋底に分布し,それより浅くなると石灰質軟泥に漸移する。その色は赤色がかった褐色ないしチョコレート色を帯びた褐色で,赤粘土red clayと呼ばれたが,最近は褐色粘土brown clayが正式に使用されている。その色は鉄とマンガン水酸化物によるもので,酸化環境の海底で生じたためである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

褐色粘土の関連キーワード遺骸群集土壌微生物粘土遺骸載貨重量トン数ズーゲナイト吸着粘土漂白粘土重量の法則(生物学)阻害指数

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone