コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石灰質軟泥 せっかいしつなんでい calcareous ooze

2件 の用語解説(石灰質軟泥の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石灰質軟泥
せっかいしつなんでい
calcareous ooze

炭酸カルシウムを 50%以上含む生物起源の遠洋性堆積物。全海洋底の半分近くをおおう。有孔虫軟泥コッコリス軟泥に分けられる。石灰質軟泥プランクトンの遺骸を主とするので,プランクトンが繁殖し,その同化作用によって二酸化炭素が少くなって,炭酸カルシウムの溶解度が減少するところにできやすい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せっかいしつなんでい【石灰質軟泥 calcareous ooze】

遠洋堆積物の一種で,石灰質の殻をもった生物の遺骸(死殻)が堆積物の重量の30%以上を占める場合に,その堆積物を石灰質軟泥と呼ぶ。その生物はベントスでもネクトンでも,また幾つかの異なった生物の混合でもよいが,量的にみると大部分はプランクトンである。石灰質軟泥はその中の優占する生物の名前をとって有孔虫軟泥と翼足類軟泥に分けられる。色は褐色がかった灰白色で,軟らかく,粒度組成は褐色粘土ケイ質軟泥より一般に粗い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石灰質軟泥の関連キーワードグロビゲリナグロビゲリナ軟泥軟泥紡錘虫星砂珪藻軟泥石灰腐泥ケイ質軟泥(珪質軟泥)遠洋堆積物

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone