襟締(読み)えりじめ

精選版 日本国語大辞典の解説

えり‐じめ【襟締】

〘名〙
柔道で、相手のをとらえて、その襟または手で、相手の首を締めつけること。
洒落本・間似合早粋(1769)早粋の「根から無手(むで)な茶屋の亭主つかまへて〈略〉ゑり〆(シメ)
② 首の回りに巻いて、寒さを防ぐもの。くびまき。えりまき。
開化のはなし(1879)〈辻弘想〉二編「毛布(ふらねる)の襯衣(しゃつ)に白き領〆(ヱリジメ)を纏ひ」
③ しつけ針の一種で、やや長く太いもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の襟締の言及

【ネクタイ】より

…今日では絹とともにアセテート,レーヨン,ポリエステルなどの化学繊維やウール,またニットのネクタイも使われている。 日本にネクタイがもたらされたのは幕末の洋服移入に伴うもので,《西洋衣食住》(片山淳之助,1867)に〈襟締 子(ね)ッキタイ〉として紹介され,〈首巻ハ麻ナリ又ハ紙ニテ製シタルモアリ〉と記されている。 現在用いられているネクタイの種類には以下のものがある。…

※「襟締」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android