コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西尾氏 にしおうじ

1件 の用語解説(西尾氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

にしおうじ【西尾氏】

近世大名。三河国の出身。吉次は織田信長に仕え,のち徳川家康に属して5000石を知行。1602年(慶長7)加増されて武州原市1万2000石となる。その後,上野白井,常陸土浦,駿河田中(2万5000石),信州小諸を経て,82年(天和2)忠成のとき遠州横須賀に移る。その子忠尚は若年寄,老中などの要職を歴任する一方,2度の加増により3万5000石。明治に至り安房花房へ転封される。当主はおおむね隠岐守を称する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

西尾氏の関連キーワード織田信長居館青山吉次織田信清織田信貞織田信則織田信広織田信光織田信安織田信行毛利新介

西尾氏の関連情報