コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西尾為忠 にしお ためただ

2件 の用語解説(西尾為忠の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

西尾為忠

儒者・官吏。京都の人。号は鹿峰、字は叔謀、通称は遠江介。勤王の志厚く、維新の際は監軍として東山道に進向し功があった。文部省御用掛となり、熾仁新王御行実編輯委員に任じられ、また閑院宮家令・梨本宮家令を勤めた。詩書を能くし、特に書法は大師流に通じた。明治33年(1900)歿、59才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西尾為忠 にしお-ためただ

1842-1900 幕末-明治時代の武士,官吏。
天保(てんぽう)13年生まれ。京都の人。戊辰(ぼしん)戦争に監軍として従軍し,明治3年京都府典事となる。のち閑院宮家,梨本宮家の家令,文部省御用掛などをつとめた。空海(くうかい)の書法にくわしかったという。明治33年2月5日死去。59歳。通称は遠江介(とおとうみのすけ)。号は鹿峰。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

西尾為忠の関連キーワード阿部碧海池上四郎岡田善長麻見義修斎藤義一酒井玄蕃(2)杉浦梅潭鈴木大柘植善吾村田正宣

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone