コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西島‐ゲル=マンの規則 Nishijima-Gell Mann rule

1件 の用語解説(西島‐ゲル=マンの規則の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

西島‐ゲル=マンの規則【Nishijima-Gell Mann rule】

中野‐西島‐ゲル=マンの法則*ともいう.素粒子物理学で ‘奇妙さ' という量子数をもつ粒子の発生と崩壊を記述する規則である.内容は以下の3か条にまとめることができる.1953年に中野董夫西島和彦,M. Gell Mannによって発見されたものである.

(1) 各ハドロンアイソスピンと ‘奇妙さ' の量子数を与える.

(2) ハドロンの電荷を eQ,超電荷を Y,アイソスピンの第三成分を I3 とすると,QI3Y/2が満足される.ここでバリオンの数を B,‘奇妙さ' を S とおくと,YBS である.

(3) 強い相互作用電磁相互作用による素粒子反応では,I3YBS,はそれぞれ別々に保存される.強い相互作用では I も保存される.弱い相互作用の場合には I3S は保存されない.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西島‐ゲル=マンの規則の関連キーワードグラスマンの法則ドルトンの法則オウデマンの法則色調等価の法則進化性逓減の法則中野‐西島‐ゲル=マンの法則輻射の法則(四法則)ブラウンの法則ブラッグの法則(粒子阻止能)レーデルマンの法則

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone