コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西村久左衛門 にしむら きゅうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西村久左衛門 にしむら-きゅうざえもん

?-? 江戸時代前期-中期の商人。
出羽(でわ)米沢藩(山形県)御用達(ごようたし)の京都の豪商。京坂への年貢米輸送のため最上川上流の開削をすすめ,元禄(げんろく)7年(1694)河口の酒田への舟運をひらいた。宝永7年罪をえて財産没収,用達解任となり,没落した。屋号は米沢屋。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

西村久左衛門

生年:生没年不詳
元禄・宝永年間(1688~1711)ころの京都の富商。出羽国(山形県)米沢藩主上杉氏の御用達。元禄6(1693)年7月,京坂への年貢米輸送の便宜を図るため最上川上流の険岩を開削して,酒田に達する舟路を開いた。しかし宝永7(1710)年には不届きがあったとして藩から罰せられ,役目を解かれたうえ財産を没収され,一家は没落した。『町人考見録』に登場する米沢屋久左衛門と同一人物。<参考文献>三井高房『町人考見録』(日本思想大系59)

(安岡重明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone