コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西村太沖 にしむら たちゅう

2件 の用語解説(西村太沖の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西村太沖 にしむら-たちゅう

1767-1835 江戸時代後期の暦算家。
明和4年生まれ。京都の西村遠里(とおさと)にまなび,その姓をつぐ。さらに大坂の麻田剛立(ごうりゅう)につき,のち加賀金沢藩の藩校明倫堂で天文学をおしえた。天保(てんぽう)6年5月21日死去。69歳。越中(富山県)出身。本姓は蓑谷。名は篤行。字(あざな)は審之。号は得一館。編著に「実符暦」「符天暦」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

西村太沖

没年:天保6.5.21(1835.6.16)
生年:明和4(1767)
江戸中期の暦算家。越中国(富山県)礪波郡城端の商家に生まれ,若くして天文暦学に志し,食うために医術を修業しに京都へ出た。京都の暦算家西村遠里門下に入り,その伝を得たが,師が没したとき門下一同に推されてその跡取りとなり,西村太沖と名乗った。時に21歳。さらに新しい天文学を修めようとして大坂の麻田剛立 に学び,門下の四天王の一といわれた。33歳のとき,加賀藩に迎えられて,天学を講じたが,殿様は暦学という科学的な小技よりも,天下国家を占う天文を期待するので,嫌気がさして故郷に帰り,医をひさいだ。のち,55歳にして再び藩に迎えられ,金沢の地図製作などに従事した。

(中山茂)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西村太沖の関連キーワード秋保新左衛門秋保盛弁安藤兵九郎太田伝右衛門春日経高太三郎(1)長崎村茂右衛門原田茂嘉森士行吉田子方

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone