コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

要法寺版 ヨウボウジバン

デジタル大辞泉の解説

ようぼうじ‐ばん〔エウボフジ‐〕【要法寺版】

慶長年間(1596~1615)要法寺の15世日性が刊行した銅活字版の書籍。「天台四教儀集註」「法華経伝記」「論語集解」「沙石集」などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ようほうじばん【要法寺版】

慶長年間(1596~1615)、京都要法寺から刊行された銅活字版の書物。「法華経伝記」「沙石集」「宝物集」「論語集解」などを開板した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の要法寺版の言及

【寺院版】より

…《雲門匡真禅師広録》3巻(1613),《臨済録》1巻(1613)などが印行された。 要法寺版京都の要法寺では円智日性(えんにちにつせい)の手で,慶長初年より活字開版が行われ,1600年(慶長5)に《法華経伝記》《倭漢皇統編年合運図》などを印行,その後も活字版および整版による開版を華々しく行った。 臨川寺版京都の臨済宗臨川寺では,1341年(興国2∥康永1)に《仏果圜悟禅師心要》《霊源和尚筆語》を開版,以後室町初期の1433年(永享5)までに十数種の開版が行われている。…

※「要法寺版」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

要法寺版の関連キーワード宝物集書物

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android