コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天台四教儀 てんだいしきょうぎ

3件 の用語解説(天台四教儀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天台四教儀
てんだいしきょうぎ

朝鮮,高麗の諦観 (?~971) の編。1巻。天台智者大師の『四教義』を抄録したもので,天台宗の大綱はこの1巻に尽きるといわれる。まず八教大意を中心として各相を詳説し,五時の教判,化義の四教を略説している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てんだいしきょうぎ〔テンダイシケウギ〕【天台四教儀】

中国の仏教書。1巻。高麗(こうらい)の諦観(たいかん)著。成立年未詳。天台教学の大綱と観心の要略を記したもので、仏教の入門書ともされた。四教儀。諦観録。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てんだいしきょうぎ【天台四教儀】

一巻。高麗の諦観たいかん著。一〇世紀に成立。天台教学の入門書として広く流布した。天台宗以外の人の注釈書も多い。四教儀。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

天台四教儀の関連キーワード蜻蛉日記アライグマ土地開発公社外国語指導助手安心生活創造事業南漢セレン兼明親王心誉藤原道綱母

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone