コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天台四教儀 てんだいしきょうぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天台四教儀
てんだいしきょうぎ

朝鮮,高麗諦観 (?~971) の編。1巻。天台智者大師の『四教義』を抄録したもので,天台宗大綱はこの1巻に尽きるといわれる。まず八教大意を中心として各相を詳説し,五時の教判,化義の四教を略説している。次に化法 (けほう) の四教について各教の教理断惑の順序を述べている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

てんだいしきょうぎ〔テンダイシケウギ〕【天台四教儀】

中国の仏教書。1巻。高麗(こうらい)の諦観(たいかん)著。成立年未詳。天台教学の大綱と観心要略を記したもので、仏教の入門書ともされた。四教儀。諦観録。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんだいしきょうぎ【天台四教儀】

一巻。高麗の諦観たいかん著。一〇世紀に成立。天台教学の入門書として広く流布した。天台宗以外の人の注釈書も多い。四教儀。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

天台四教儀の関連キーワード福田行誡要法寺版活字一巻

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android