コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

要素心理学 ようそしんりがく Elementpsychologie

1件 の用語解説(要素心理学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

要素心理学
ようそしんりがく
Elementpsychologie

心的現象を分析してそれ以上分割しえない究極的な要素 (心的要素) を見出し,かつそれらの要素の結合ないしは連合から心的現象を説明しようとする要素主義の立場に立つ心理学説。イギリス連合心理学に端を発しているが,特に W.ブント,E.B.ティチェナー構成心理学をさすのに用いられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の要素心理学の言及

【構成心理学】より

…意識の機能を研究する機能心理学に対して,意識の内容を要素に分析し,その要素の結合によって意識現象を説明しようとする心理学をいう。内容心理学とも要素心理学ともいう。W.M.ブントがこの立場の基礎を形づくり,E.B.ティチナーがそれを徹底させた。…

※「要素心理学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

要素心理学の関連キーワード経済学原子論イーミック頭打ち居た堪れないオカルト静学核種分析縮分法トムズ効果

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone