覆被・蔽被(読み)おいかぶさる

  • おいかぶさ・る おひ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘自ラ五(四)〙 (「おい」は「おおい」の変化したもの) 広がって下の物を包むようなさまになる。また、ある事が負担や圧力となって及んでくる。おおいかぶさる。
※俳諧・おらが春(1819)「朝夕に覆(オヒ)かぶさりし目の上の 辛夷も花の盛り也けり」
[補注]樹木などの葉の茂みについていう場合が多く、夏目漱石「明暗‐三三」の「蓊鬱(こんもり)した竹藪が一面に生(オ)ひ被(カブ)さって」のように表記される例もある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android