コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見做し仕入(れ)率/看做し仕入(れ)率 ミナシシイレリツ

デジタル大辞泉の解説

みなし‐しいれりつ【見×做し仕入(れ)率/×做し仕入(れ)率】

消費税簡易課税制度で、仕入控除税額算出に用いられる一定の割合。事業の種類ごとに、仕入高が売上高に通常占める割合を勘案して定められている。
[補説]見なし仕入れ率
卸売業90パーセント
小売業80パーセント
製造業等70パーセント
サービス業等50パーセント
その他事業60パーセント
注:サービス業等は運輸・通信業、不動産業を含む。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

見做し仕入(れ)率/看做し仕入(れ)率の関連キーワード補説

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android