不動産業(読み)ふどうさんぎょう

百科事典マイペディア「不動産業」の解説

不動産業【ふどうさんぎょう】

不動産売買,交換,貸借,管理またはその代行仲介を行う事業。典型的な都市型の産業で,業者数は首都圏を中心に大手から零細業者まで格差が著しい。都市圏の拡大,市街地再開発に伴って宅地造成建売住宅やマンション建設・分譲が盛んになって,不動産業は新建材・プレハブ住宅資材,住宅設備機器などと一括して住宅産業と呼ばれるようになり,大企業系列下の業者の進出もみられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「不動産業」の解説

ふどうさんぎょう【不動産業】

土地家屋ビルなど不動産の売買,賃貸,管理,土地の開発および家屋の建売分譲,不動産の売買などの代理・仲介などを行う業種総称。不動産業の会社数は約12万4000社あるが,その大多数は零細中小企業で,資本金1億円以上の企業はこのうち1.4%を占めるにすぎない(1982)。事業所数でみると23万8000事業所(1981年総理府事業所統計)であるが,貸家業,貸間業を除くと9万1000事業所である。その内訳は,不動産賃貸業2万3000事業所(従業者10万人),建売・土地売買業1万4000事業所(同11万人),不動産代理業・仲介業4万1000事業所(同14万人),その他不動産業1万3000事業所(同6万人)となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android