コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不動産業 ふどうさんぎょう

2件 の用語解説(不動産業の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

不動産業【ふどうさんぎょう】

不動産の売買,交換,貸借,管理またはその代行,仲介を行う事業。典型的な都市型の産業で,業者数は首都圏を中心に大手から零細業者まで格差が著しい。都市圏の拡大,市街地再開発に伴って宅地造成建売住宅マンション建設・分譲が盛んになって,不動産業新建材プレハブ住宅資材,住宅設備機器などと一括して住宅産業呼ばれるようになり,大企業系列下の業者の進出もみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふどうさんぎょう【不動産業】

土地,家屋,ビルなど不動産の売買,賃貸,管理,土地の開発および家屋の建売分譲,不動産の売買などの代理・仲介などを行う業種の総称。不動産業の会社数は約12万4000社あるが,その大多数は零細中小企業で,資本金1億円以上の企業はこのうち1.4%を占めるにすぎない(1982)。事業所数でみると23万8000事業所(1981年総理府事業所統計)であるが,貸家業,貸間業を除くと9万1000事業所である。その内訳は,不動産賃貸業2万3000事業所(従業者10万人),建売・土地売買業1万4000事業所(同11万人),不動産代理業・仲介業4万1000事業所(同14万人),その他不動産業1万3000事業所(同6万人)となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

不動産業の関連キーワード不動産金融決済不動産保険仲介業者不動産の証券化不動産鑑定士と土地家屋調査士サンフロンティア不動産前田不動産中央土地東和不動産

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

不動産業の関連情報