コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見沼 ミヌマ

デジタル大辞泉の解説

みぬま【見沼】

さいたま市の区名。市域の北東部を占める。区名の由来となった見沼田圃は、江戸時代に見沼の干拓によってできた新田地区で、現在も貴重な緑地として残る。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の見沼の言及

【見沼代用水】より

…江戸中期,武蔵国足立郡(現,埼玉県大宮市,浦和市付近)の見沼干拓に伴い開削された灌漑用水。江戸幕府は享保改革の一政策として,1722年(享保7)に日本橋に高札を掲げ新田の開発を奨励し,町奉行大岡忠相(ただすけ)に武蔵野の開発を命じ,勘定奉行筧正鋪(かけいまさはる)に新田方掛を新設させた。…

※「見沼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

見沼の関連キーワード埼玉県さいたま市見沼区新右ェ門新田埼玉県さいたま市見沼区加田屋新田埼玉県さいたま市見沼区西山村新田埼玉県さいたま市見沼区上山口新田埼玉県さいたま市見沼区宮ヶ谷塔埼玉県さいたま市見沼区丸ヶ崎町埼玉県さいたま市見沼区西山新田埼玉県さいたま市見沼区大和田町埼玉県さいたま市見沼区風渡野埼玉県さいたま市見沼区堀崎町埼玉県さいたま市見沼区加田屋埼玉県さいたま市見沼区南中丸埼玉県さいたま市見沼区南中野埼玉県さいたま市見沼区片柳東埼玉県さいたま市見沼区小深作埼玉県さいたま市見沼区東宮下埼玉県さいたま市見沼区丸ヶ崎埼玉県さいたま市緑区南部領辻埼玉県さいたま市見沼区東新井埼玉県さいたま市見沼区東門前

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

見沼の関連情報