コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さいたま サイタマ

デジタル大辞泉の解説

さいたま

埼玉県南東部の市。県庁所在地。平成13年(2001)浦和、大宮、与野の3市が合併して成立。同15年指定都市。同17年に岩槻市を編入。人口122.3万(2010)。
[補説]さいたま市の10区
岩槻区浦和区大宮区北区桜区中央区西区緑区南区見沼区

さいたま【埼玉】

関東地方中央部の県。武蔵の北半部を占める。県庁所在地はさいたま市。古く、この地方を、さきたま(前玉・埼玉)とよんだところからの名。人口719.5万(2010)。

さきたま【埼玉】

《「さいたま」の古形》古代、武蔵の国の郡名。現在の埼玉県北部、利根川沿いの地。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さいたま【埼玉】

〔古く武蔵国北東部を「さきたま」と称し、「埼玉」の字をあてたことからの称〕
関東地方中部の内陸県。かつての武蔵国北半部を占める。東部は関東平野、西部は関東山地に属する。中央を荒川が流れて東京湾に注ぐ。県庁所在地、さいたま市。
(市名は仮名書き)埼玉県南東部の市。関東平野の中央部に位置する。県庁所在地。指定都市。中山道の宿場町(大宮宿・浦和宿)として発達。東日本の交通の要衝で、市中央部の大宮駅は全国有数のターミナル駅。大宮駅と南部の与野駅の間に、さいたま新都心を開発。

さきたま【埼玉】

古代、武蔵国の郡名。現在の埼玉県北部にあたる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

さいたまの関連情報