埼玉(読み)サイタマ

デジタル大辞泉の解説

さいたま【埼玉】

関東地方中央部の県。武蔵の北半部を占める。県庁所在地さいたま市。古く、この地方を、さきたま(前玉・埼玉)とよんだところからの名。人口719.5万(2010)。

さいたま

埼玉県南東部の市。県庁所在地。平成13年(2001)浦和、大宮、与野の3市が合併して成立。同15年指定都市。同17年に岩槻市を編入。人口122.3万(2010)。
[補説]さいたま市の10区
岩槻区浦和区大宮区北区桜区中央区西区緑区南区見沼区

さきたま【埼玉】

《「さいたま」の古形古代武蔵の国の郡名。現在の埼玉県北部、利根川沿いの地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいたま【埼玉】

〔古く武蔵国北東部を「さきたま」と称し、「埼玉」の字をあてたことからの称〕
関東地方中部の内陸県。かつての武蔵国北半部を占める。東部は関東平野、西部は関東山地に属する。中央を荒川が流れて東京湾に注ぐ。県庁所在地、さいたま市。
(市名は仮名書き)埼玉県南東部の市。関東平野の中央部に位置する。県庁所在地。指定都市。中山道の宿場町(大宮宿・浦和宿)として発達。東日本の交通の要衝で、市中央部の大宮駅は全国有数のターミナル駅。大宮駅と南部の与野駅の間に、さいたま新都心を開発。

さきたま【埼玉】

古代、武蔵国の郡名。現在の埼玉県北部にあたる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さいたま【埼玉】

(古く「さいだま」とも)
[一] 武蔵国北東部の郡名。古くはこの地方を「さきたま」と呼び、のち「前玉」「埼玉」の字が当てられ、「さいたま」と読まれた。明治一二年(一八七九)南北二郡に分かれた。
[三] (さいたま) 埼玉県南東部の地名。県庁所在地。平成一三年(二〇〇一)、浦和、大宮、与野の三市が合併して成立。同一五年政令指定都市となる。

さきたま【埼玉】

(「さいたま」の古形) 古代、武蔵国の郡名。現在の埼玉県北部を占めて、利根川に面していた。
※万葉(8C後)九・一七四四「前玉(さきたま)の小埼の沼に鴨そ翼きる己が尾に降り置ける霜を掃ふとにあらし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

埼玉の関連情報