埼玉(読み)さいたま

精選版 日本国語大辞典「埼玉」の解説

さいたま【埼玉】

(古く「さいだま」とも)
[一] 武蔵国北東部の郡。古くはこの地方を「さきたま」と呼び、のち「前玉」「埼玉」のが当てられ、「さいたま」と読まれた。明治一二年(一八七九)南北二郡に分かれた。
[三] (さいたま) 埼玉県南東部の地名県庁所在地。平成一三年(二〇〇一)、浦和大宮与野の三が合併して成立。同一五年政令指定都市となる。

さきたま【埼玉】

(「さいたま」の古形) 古代、武蔵国の郡名。現在の埼玉北部を占めて、利根川に面していた。
万葉(8C後)九・一七四四「前玉(さきたま)の小埼の沼に鴨そ翼きる己が尾に降り置ける霜を掃ふとにあらし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「埼玉」の解説

さいたま

埼玉県南東部の市。県庁所在地。平成13年(2001)浦和、大宮、与野の3市が合併して成立。同15年指定都市。同17年に岩槻市を編入。人口122.3万(2010)。
[補説]さいたま市の10区
岩槻区浦和区大宮区北区桜区中央区西区緑区南区見沼区

さいたま【埼玉】

関東地方中央部の県。武蔵の北半部を占める。県庁所在地はさいたま市。古く、この地方を、さきたま(前玉・埼玉)とよんだところからの名。人口719.5万(2010)。

さきたま【埼玉】

《「さいたま」の古形》古代、武蔵の国の郡名。現在の埼玉県北部、利根川沿いの地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android