コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見立新田 ミタテシンデン

大辞林 第三版の解説

みたてしんでん【見立新田】

江戸時代、開墾に適した土地の開発を願い出て許可を得て開いた新田。 → 代官見立新田

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の見立新田の言及

【新田集落】より

…村請新田は本村地名を冠して新田地名とし,本村の名主の分家が新田の名主となり,親村と子村の関係がつづいた。見立新田(土豪開発新田)では開発中心者が名主を世襲し,年貢を納めない除地を所有し,所有面積も大きく,用水分配やその他の特権をもった。開発の労力と資材を新田百姓が提供し,新田百姓は自藩のみならず,他藩からも入植させた場合が多い。…

※「見立新田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android