コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

代官見立新田 だいかんみたてしんでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

代官見立新田
だいかんみたてしんでん

江戸時代,天領代官が開発適地を選定し,近傍農民に開発させた新田江戸時代前期に比較的多くみられる。見立開発をして成功した場合,代官に身一代限り新田年貢の 10分の1が支給された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だいかんみたて‐しんでん〔ダイクワンみたて‐〕【代官見立新田】

江戸時代、幕領の代官が開発可能な土地を見立てて農民に開発させた新田。成功した場合には新田年貢の10分の1が代官に給与された。→新田開発

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

だいかんみたてしんでん【代官見立新田】

江戸時代、代官が開墾に適する土地を見たて、農民に開発させた新田。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

代官見立新田
だいかんみたてしんでん

幕府代官が適地を見立てて開発させる新田。農民は本百姓(ほんびゃくしょう)となる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の代官見立新田の言及

【新田開発】より

…開発主体による新田類型は幕藩領主による官営新田と被支配者である土豪・農民・町人などによる民営新田である。 幕府の新田開発は代官見立新田と勘定所の監督工事であり,近世初頭に大規模かつ積極的に行われた。代官見立新田とは全国の天領を支配している代官が管内に開発可能地を見いだし,勘定奉行の許可を得て適当な担当者に開発させたものである。…

※「代官見立新田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

代官見立新田の関連キーワード見立新田開墾