コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

視地平線 しちへいせんapparent horizon

世界大百科事典 第2版の解説

しちへいせん【視地平線 apparent horizon】

地形に起伏がないとしたときに見えるべき地平線。地平線または水平線と呼ばれているものは,理論的には高度0゜の線であるが,地球が球形になっているため,観測者の高さによって実際に見える地平線は高度0゜よりも下になっている。この角を地平俯角,あるいは眼高差dip of horizonと呼んでいる。海面上に人間の目があったときの水平線は高度0゜であるが,海面上に人間が立ったときの水平線は高度0゜より0.゜04程度下に見え,3000mの山,または航空機から見る地平線は高度0゜より1.゜8下に見えることになるが,実際には大気の屈折の影響を受けて1.゜9下にあるべき地平線が浮き上がって1.゜6下に見える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の視地平線の言及

【地平線】より

…観測者から見て地平座標で高度0゜の大円であるが,地球が球形であるため,実際に見える地平線は観測者のいる高さによって高度0度よりもう少し下に見える。実際に見える地平線を視地平線という。【古川 麒一郎】。…

※「視地平線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android