水平線(読み)スイヘイセン

大辞林 第三版の解説

すいへいせん【水平線】

海面と空との境目をなす線。
地球の重力の方向と直角に交わる直線。水平方向に引かれた直線。 ⇔ 鉛直線

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すいへい‐せん【水平線】

〘名〙
① 海と空とが接して見える平らな線。水平。
※夢の女(1903)〈永井荷風〉一一「然し猶判別する事の出来る遠い水平線の上には」
② 水平方向に引かれた直線
③ (①から転じて) なみの標準。ふつうの範囲。また、二つのものの均衡状態。
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一一「夫婦の間には截然たるしきりがあって、それも落ちついて、しきりが水平線を保って居ればまだしもだが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の水平線の言及

【水準測量】より

…水準面は,重力の等ポテンシャル面である。水準面の接平面を水平面といい,水平面と鉛直面の交線を水平線という。 地球をとりまく海水面の高さは,潮汐,海流,気圧,風,海水密度などの影響で変わるが,長期間にわたって平均すれば,その平均の海水面は,ほぼ一つの水準面に一致するとみなすことができる。…

【地平線】より

…水平線ともいう。観測者から見て地平座標で高度0゜の大円であるが,地球が球形であるため,実際に見える地平線は観測者のいる高さによって高度0度よりもう少し下に見える。…

※「水平線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水平線の関連情報