コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

視差バリア方式 シサバリアホウシキ

1件 の用語解説(視差バリア方式の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しさバリア‐ほうしき〔‐ハウシキ〕【視差バリア方式】

parallax barrier》遠近感を伴った映像を表示する立体テレビコンピューターディスプレーなどの方式の一。液晶で微細な隙間をつくり、左右両眼に別々の映像を分離して見せることで立体視を可能とする。特殊な眼鏡などを必要としない。視差障壁方式。パララックスバリア方式。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

視差バリア方式の関連キーワードNTBバリアー (barrier)

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone