コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠近感 エンキンカン

デジタル大辞泉の解説

えんきん‐かん〔ヱンキン‐〕【遠近感】

奥行きや遠近の距離の違いが感じられること。「遠近感のある絵」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

遠近感

 パースペクティブ(=perspective)とも言い、遠いものを遠く、近いものを近く感じさせることだが、写真ではレンズによって遠近感を調節することができる。広角(ワイド)レンズでは、近いものほど大きく写り、遠くのものは実際よりも小さく写る。つまり、遠近感が強調されるために、これを作画に利用することが重要である。逆に、望遠レンズでは絞り込んで写すと、距離の離れたものが接近して写る遠近感の圧縮が生じ、これも撮影目的によっては面白い効果が出せる。遠近感の強調や圧縮は焦点距離が短い、または長いほどその効果が高まる。なお、望遠レンズで絞りを開けて背景をぼかすのは遠近感とは直接関係がない。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

遠近感の関連キーワードインテグラルイメージング方式アクティブシャッター方式ディフォルメーションワイドアングルレンズパースペクティブ補正イリュージョン視差バリア方式レンダリング超広角レンズフォギングカバリーニ大気遠近法PCレンズ立体テレビフォッグ立体印刷反転図形尉遅乙僧すやり霞立体映像

遠近感の関連情報