コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立体視 りったいし

5件 の用語解説(立体視の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立体視
りったいし

外界のものを左右の眼で同時に見ることによって,立体的な遠近感を得ること。樹上生活をする霊長類では距離の測定が絶対に必要なため,立体視が発達しており,人類もこの能力を受継いでいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りったい‐し【立体視】

両眼で物体を見たとき、左右の視差によって結ばれた網膜上の像が、感覚中枢の働きで立体として感知されること。両眼視。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りったいし【立体視 stereoscopic vision】

外界のある物体を両方の目を同時に使って見ること,すなわち両眼視binocular visionによって立体的な遠近感を得ること。実体視ともいう。哺乳類以外の脊椎動物では,目は頭部の側面にあって側方を向いて位置し,各眼はそれぞれ180度に近い視野をもっている。したがって,まったく視野に入らない後方の死角は小さいが,両眼の共通視野も狭く顔面の前方だけに限られるか,あるいはまったくない。視野にある物体の大部分を片目だけで見ているわけである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りったいし【立体視】

左右の眼球が前方を向き、両視線のなす角度によって遠近を判断できる視覚。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

立体視
りったいし

視覚、とくに両眼を用いた形態視において、網膜に投影された平面像に基づく感覚情報が、大脳皮質の視覚野における統合作用を受け、三次元空間内の立体として認知されることをいう。実体視ともいわれる。立体視は、実際の立体を見る場合だけでなく、左右の目にそれぞれ一定の規則に従って異なる平面図形を見せた場合にも生ずる。立体写真立体図形を実体鏡で見た場合がこれにあたる。このことから、立体視には両眼の間の視差が重要であることがわかる。しかし単眼視でも、水晶体の曲率を調節している毛様体筋の収縮の程度や、目の位置を変えたときの視差などにより、ある程度の遠近や奥行の判断が可能である。霊長類では、視神経の半分が交差(こうさ)し、左右両眼の右半分の網膜からの神経繊維は右外側膝(しつ)状体でニューロンをかえ、その繊維は右側皮質後頭葉の視覚野に達する。同様に、網膜の左側半分が左側皮質後頭葉に連絡する。視覚野のニューロンは網膜の一定の場所に対応した入力を受けている。しかも視覚野のニューロンの大多数には、いろいろな程度に両眼からの入力があり、これが立体視に関係するといわれている。両眼視では左右の目で見ている一つの物体は、一つに見える。眼球は、左右の網膜の像がそれぞれ対応する点にうまく合致して一つの像として見えるように反射的に運動する。これが遠近感をつくる一つの原因となっている。空間知覚は右脳に発達するので、視野の左半分のほうが物体の空間的位置関係がよく認知されるといわれている。[村上 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の立体視の言及

【空中写真】より


[実体視]
 60%前後オーバーラップして撮影された2枚の連続写真を用いて,写真像を立体的に見ることができる。これを空中写真の実体視(立体視)とよんでいる。肉眼で実体視する場合は,2枚の連続写真の両方に共通して写っている写真像を左右に5~6cm(自分の両眼の距離)離して,左眼では左の写真像を,右眼では右の写真像を同時に見つめれば,やがて両方の写真像が浮き上がるような感じで重なり合い,一つの立体像としてとらえることができる。…

【目∥眼】より

…眼球および視路のどの部位に異常があっても正しい視覚は得られない。(5)両眼視 両眼視とは両目で受け入れた感覚を脳で統合して一つの新しい感覚とする機能をいい,融像と立体視がある。融像とは右目と左目それぞれの網膜に映った像を一つにまとめてみる働きのことである。…

※「立体視」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

立体視の関連キーワード異方性生き馬の目を抜くツーウエー同時に二元放送目を皿にする両刀遣い両取同時形質導入マクスウェル物体

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

立体視の関連情報