視野角(読み)しやかく

パソコンで困ったときに開く本の解説

視野角

画面の表示が正しく見える角度の広さです。上下(垂直)の角度と、左右(水平)の角度とがあります。画面を斜めから見ると、ディスプレイ内部からの光の通り方が正面から見たときと変わるため、色合いや明るさが変化します。視野角は、これが大きく変わらない範囲をいいます。180度が最大で、数字が小さいほど、斜めから見た際に見づらくなります。

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

デジタル大辞泉の解説

しや‐かく【視野角】

viewing angle》液晶テレビや液晶ディスプレーなどの画面を、正面ではなく上下左右にずれた位置から見るとき、大きく色調が変化したり画面の明るさが減じたりせず、正常に見える角度のこと。
画角のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しやかく【視野角】

液晶表示装置などで、表示内容が正しく見える範囲(角度)。コントラスト比や色などが、正面から見たときと同様である角度をさす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

視野角の関連情報