コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覗き機関 のぞきからくり

2件 の用語解説(覗き機関の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

覗き機関
のぞきからくり

大道芸の一種。江戸では「からくり」,上方では「のぞき」と略した。盛り場などで,大きな箱を立て,その下部にあるレンズを通して中をのぞかせる。箱の左右に1人ずつ立ち,紐を引いて絵を順に替え,拍子を取りながら独特の調子で解説をし,見物料を取った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

のぞきからくり【覗き機関】

箱の中に数枚の絵を入れ、口上とともに順次これを回転させ、ひとつづきの物語や景色などを、凸レンズを取り付けたのぞき穴から見せる装置。からくりめがね。のぞきめがね。のぞき。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

覗き機関の関連キーワードちょぼくれ江戸絵大道芸・大道藝大道芸人・大道藝人八丁鉦八柄鉦大道芸人南京玉すだれ覗機関越後獅子(大道芸)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone