コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚尊 かくそん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚尊 かくそん

?-1339 鎌倉-南北朝時代の僧。
比叡(ひえい)山にのぼり,天台をおさめる。京都鴨川の堤が決壊した際には,率先して修復にあたり,民衆もこれに協力したという。暦応(りゃくおう)2=延元4年死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

覚尊の関連キーワード南北朝時代公寛法親王行意比叡

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android