コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西芳寺 さいほうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西芳寺
さいほうじ

京都市西京区所在の寺。苔寺とも呼ばれる。初め西方寺といい,天平年間に行基が建立。空海や源空もここに住したことがある。 14世紀半ば夢窓疎石が住し,荒れていたのを中興して浄土式庭園を築き,名を西芳寺と改め禅宗の道場とした。庭は下段回遊式庭園 (池泉回遊式庭園) と上段の大ぶりの石を配した枯山水庭園とに分かれ,上の庭は禅の修業の場として構成されたらしい。下段の庭はそののちに建物や橋を失い,そのあとをコケ (苔) が埋めた景が名高く苔寺の称が生まれた。多くの建物があったが応仁の乱で焼失,千利休の子,千少庵が隠棲した湘南亭を残す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さいほう‐じ〔サイハウ‐〕【西芳寺】

京都市西京区にある臨済宗天竜寺派の寺。山号は洪隠(こういん)山。天平年間(729~749)行基開創と伝え、初め西方寺と称した。鎌倉時代には浄土宗寺院であったが、延元4=暦応2年(1339)夢窓疎石が復興、禅寺とし、寺号も改めた。庭園は苔(こけ)が密生する枯れ山水で、苔寺(こけでら)の通称がある。平成6年(1994)「古都京都文化財」の一つとして世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

西芳寺【さいほうじ】

京都市西京区松尾にある単立の寺。本尊阿弥陀如来。庭園の石組と苔(こけ)の美しさが有名で,俗に苔寺と呼ばれる。国指定史跡,特別名勝奈良時代に建てられた西方寺を1339年夢窓疎石が中興し,西芳寺と改称。
→関連項目京都[市]古都京都の文化財(京都市,宇治市,大津市)慈照寺西京[区]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

西芳(さいほう)寺

京都府京都市西京区にある寺院、苔寺の正式名。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいほうじ【西芳寺】

京都市西京区にある臨済宗の寺。洪隠山と号し,俗に苔寺(こけでら)と呼ぶ。寺伝では,奈良時代に僧行基が畿内に建立した49院の一つで,これを当寺の草創とする。鎌倉時代に中原師員が浄土宗の寺として再興整備し,室町初期の1339年(延元4∥暦応2)幕府の有力武将摂津親秀が夢窓疎石を招いて禅苑として中興した。疎石はこのとき寺名を西方寺から現在の西芳寺と改め,ついで寺内の僧侶の行持を厳制し,住持は夢窓門派のみをあてることを定めて,当寺を夢窓門派の修道のための寺院とした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さいほうじ【西芳寺】

京都市西京区にある臨済宗天竜寺派の寺。山号、洪隠山。奈良時代、行基が開創。鎌倉時代に浄土宗寺院となり、西方寺と称された。1339年、夢窓疎石が再興し、禅宗に改めて西芳寺とする。疎石の入寺以前作庭の枯山水などがあるが、のち庭園全体が苔でおおわれてからは苔寺とよばれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西芳寺
さいほうじ

京都市西京区松尾神ヶ谷町にある臨済(りんざい)宗天竜寺派の寺。本尊は阿弥陀如来(あみだにょらい)。洪隠(こういん)山と号し、一般には苔寺(こけでら)の名で知られる。『西芳寺縁起』によると、天平(てんぴょう)年間(729~749)に聖武(しょうむ)天皇の勅願により行基(ぎょうき)が創建、畿内(きない)四十九院の一つで、西方寺と号したが、池庭は聖徳太子の別荘であったと伝える。また同記には延朗(えんろう)がこの地に池を掘った記述がみえ、西芳寺の創建とかかわりがあったとみられる。建久(けんきゅう)年間(1190~99)中原師資(もろかず)が堂宇・庭園ともに再建し、法然(ほうねん)(源空)を請(しょう)じたが、のち荒廃したため1339年(延元4・暦応2)に師資の子孫の摂津守(せっつのかみ)藤原親秀(ちかひで)が夢窓疎石(むそうそせき)を招請して復興。疎石は浄土宗を臨済宗に改め、名も「祖師西来 五葉聯芳」の義より西芳寺に変え、また庭園に調和するよう潭北亭(たんほくてい)、湘南亭(しょうなんてい)、方丈(ほうじょう)を建てた。その後、朝野の崇敬、幕府の保護も厚く、足利(あしかが)将軍の参詣(さんけい)、来遊も相次いだが、応仁(おうにん)の乱(1467~77)により池庭も荒廃した。乱後、一時再興されたが、また兵火にあい、江戸時代には再度の水害を受けた。現在の建物のほとんどは明治期の造営である。
 現在の庭園は、疎石の造園当時の姿はほとんど失われているが、上下二段構えの庭からなる名園で、史跡・特別名勝に指定されている。下段は黄金池(おうごんち)(心字池(しんじいけ))を巡る池泉回遊式庭園、上段は枯山水(かれさんすい)の石組中心の枯山水庭園となっている。もとは下段に西方(さいほう)教院あるいは西方浄土(さいほうじょうど)寺、上段に厭離穢土(おんりえど)寺の2寺があったとみられる。池の周りには観音(かんのん)堂、少庵(しょうあん)堂、潭北亭、湘南亭(国の重要文化財)などの茶室がある。現在の湘南亭は慶長(けいちょう)(1596~1615)ころ千利休(せんのりきゅう)の次男少庵が再興、隠棲(いんせい)した茶室である。作庭当初は湘南亭付近の石垣部分から橋を架け、池中に瑠璃殿(るりでん)があり、浄土風庭園をなしていた。池泉・枯山水の意匠も大和絵(やまとえ)的で、石垣にも平安時代の影響がみられる。上段に通じる向上関をくぐると、ここからは禅的な境地が展開される。途中に須弥山(しゅみせん)の石組、指東庵(しとうあん)などがあり、その右手には疎石の築いた枯山水の石組があり、禅の境地を表現している。境内一帯は苔で覆われており、その種類は100種を超えるという。1994年(平成6)、世界遺産の文化遺産として登録された(世界文化遺産。京都の文化財は清水寺など17社寺・城が一括登録されている)。なお、拝観は、観光としてではなく参拝冥加(みょうが)料としてその内容により料金が異なる。事前の申込みが必要。[重森完途]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の西芳寺の言及

【コケ植物(苔植物)】より

…地上生の蘚類の群生した状態は美しいので,観賞用として庭園や盆景に利用される。京都市の西芳(さいほう)寺(苔寺)の庭園はコケを巧みに使った名園である。観賞用に利用される種類はオオスギゴケ,ホソバノオキナゴケ,コバノチョウチンゴケ,ヒノキゴケなどである。…

【庭園】より

…夢窓国師は自然を愛好し,行くさきざきに名園をつくった。なかでも西芳寺の庭(図3)は,禅宗の世界観で構成された傑作である。この庭園が以後の庭園に与えた影響は測り知れないほどである。…

※「西芳寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

西芳寺の関連キーワード慈照寺〈銀閣寺〉庭園京都府京都市西京区イタチノシッポ西芳寺庭園細川頼之無等周位和気史郎コケ植物表千家東求堂心字池四阿苔庭

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西芳寺の関連情報