コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚晏 かくあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚晏 かくあん

?-? 鎌倉時代の僧。
摂津水田(大阪府吹田市)三宝寺で臨済(りんざい)の一派日本達磨(だるま)宗の大日能忍師事。大和(奈良県)の多武峰(とうのみね)で懐奘(えじょう)(1198-1280)ら多数の弟子をそだて,自分の死後道元に参じるようすすめた。号は仏地,東山著作に「心要提示」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

覚晏の関連キーワード孤雲懐奘仏地覚晏孤雲懐弉鎌倉時代懐義

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android