コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懐奘 エジョウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

懐奘 えじょう

1198-1280 鎌倉時代の僧。
建久9年生まれ。曹洞(そうとう)宗。日本達磨(だるま)宗の仏地覚晏(ぶつち-かくあん)にまなび,その助言で道元に師事し,その法をつぐ。越前(えちぜん)(福井県)永平寺の創建に助力し,のち2世となる。道元の「正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)」の編述に協力。師の教えを筆録,門下が「正法眼蔵随聞記(ずいもんき)」としてまとめた。孤雲(こうん)懐奘とも称される。弘安(こうあん)3年8月24日死去。83歳。京都出身。俗姓は九条。諡号(しごう)は道光普照国師。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

えじょう【懐奘】

1198‐1280(建久9‐弘安3)
鎌倉時代の禅僧。字は孤雲,諱(いみな)は懐奘。京都の人,九条為通の後裔。初め叡山横川の円能についたが,のち多武峰の覚晏に参じた。さらに建仁寺の道元に,ついで1234年(文暦1)冬,再び深草の道元の門に投じ,ともに越前に移って,その教化を助けた。53年(建長5)7月永平寺に住したが,道元に従って上京,その死後骨を負って永平寺に帰った。67年(文永4)寺を徹通義介に譲り,72年再住したが80年8月24日没した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

えじょう【懐奘】

1198~1280) 鎌倉時代の曹洞そうとう宗の僧。号は孤雲。藤原氏の出身。比叡山の横川よかわで学び、のち道元に長く侍し、道元没後永平寺第二世となる。著「正法眼蔵随聞記」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の懐奘の言及

【正法眼蔵随聞記】より

道元が嘉禎年間(1235‐38),日常その門下に語った修行の心がまえを,弟子の懐奘(えじよう)(1198‐1280)が克明に記録したもの。6冊の書冊にまとめられたのは懐奘没後のことである。…

※「懐奘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

懐奘の関連キーワード義演(1)瑩山紹瑾寒巌義尹孤雲懐奘永平広録大日能忍弁道話比叡山伝光録紹瑾道荐義準寂円懐義藤原坐禅