覚醒反応(読み)かくせいはんのう(英語表記)arousal response

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

覚醒反応
かくせいはんのう
arousal response

睡眠中の動物の脳幹網様体視床の非特殊核に高頻度で電気刺激を与えた結果,目をさまし,大脳皮質脳波が低振幅速波となること。行動的には,覚醒または注意の状態が起きる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

覚醒反応

 睡眠や昏睡からさめたとき,強い情動興奮が起こったときなどに現れる脳波の現象.大振幅徐波が消失して小振幅速波が現れる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android