親に似ぬ子は鬼子(読み)おやににぬこはおにご

ことわざを知る辞典「親に似ぬ子は鬼子」の解説

親に似ぬ子は鬼子

に似ていない供は、人ではなくの子である。暗に、だから親の思いどおりにはならない、とのを込めていう。

[使用例] 親に似ぬ子は鬼子だとある心理学者がいったそうであるが藪紋太郎は実のところ少しも親に似ていなかった[国枝史郎大鵬のゆくへ|1927]

[解説] 子供はふつう親に似るものであるが、親の手に負えない子供を、何をしでかすかわからない者の意で、鬼の子供にたとえたものです。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「親に似ぬ子は鬼子」の解説

おや【親】 に 似(に)ぬ子(こ)は鬼子(おにご・おにっこ)

父母に似ない子は人の子でなく鬼の子である。子は父母に似るのが当然であるという意。
※虎寛本狂言・二千石(室町末‐近世初)「むかしから親に似ぬ子は鬼子じゃといふが、似たも道理よな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「親に似ぬ子は鬼子」の解説

おや鬼子おにご

親に似ていない子は人の子ではなく、鬼の子である。子は当然親に似るものであるということ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android