コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二千石 ジセンセキ

デジタル大辞泉の解説

じせん‐せき【二千石】

にせんせき(二千石)

じせんせき【二千石】[狂言]

狂言。由緒ある二千石のをみだりにうたった太郎冠者が、主に討たれようとするが、太刀を振り上げる手つきが先代そっくりだといって主を泣かせて許される。

にせん‐せき【二千石】

《中国代の郡の太守(長官)の年俸が二千石であったところから》地方長官・知事のこと。じせんせき。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じせんせき【二千石】

狂言の一。太郎冠者かじやが都で流行している二千石の謡を謡うと、主は我が家に由緒のある謡をみだりに謡ったとして斬ろうとするが、その手許てもとが亡き大殿様とそっくりだといわれて許す。

にせんせき【二千石】

〔「漢書百官表上」より。中国、漢代、郡の太守の禄が二千石であったので〕
地方長官の異名。じせんせき。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

二千石の関連キーワード取り上げる・取上げる鼕鼕・鏜鏜・鞺鞳吠える・吼える平沢(秋田県)身の毛を詰める安宅船・阿武船狂言現行曲一覧亀井 英三郎愛媛県西条市籠手田 安定惨い・酷い抜き出だす瓶ヶ森山斎藤徳元聞き紛ふ良二千石土井利勝おしゃる心拍子千石船

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二千石の関連情報