親拝(読み)シンパイ

大辞林 第三版の解説

しんぱい【親拝】

( 名 ) スル
天皇がみずから礼拝すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐ぱい【親拝】

〘名〙 天子が、みずから参拝すること。
※ニッポン日記(1951)〈井本威夫訳〉一九四五年十二月十五日「三百の官幣社(皇祖天照大神に親告するため天皇がしばしば親拝する一万三千エーカーの敷地を擁する伊勢大廟もこの中に入る)」 〔新書‐礼〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

親拝の関連情報