コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新書 しんしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新書
しんしょ

文庫本 (A6判) よりやや大きい小型本の通称。 1935年7月にイギリスで,それまでのハードカバー (堅表紙) に対してペンギン叢書という文学中心の安いペーパーバックス (紙表紙本) の叢書が発売されて大成功を収め,37年には教養書や科学書のペリカン叢書も発売された。日本では岩波書店がそれを手本にし,38年 11月「岩波新書」 20点を同時に発行した (当時の定価1冊 50銭) 。そしてこの岩波新書の成功で,新書という言葉も日常語になった。B全判の紙から片面で 40ページ取れる大きさ (B6判では 32ページ) であるため「B40取り」「B40判」ともいわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しん‐しょ【新書】

新しく著した書物。また、新刊の書物。
新書判およびそれに類似判型による軽装の叢書。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しんしょ【新書】

出版形式の一つで,B6判よりやや小型の判型(新書判)のシリーズをいう。新書判の寸法はJIS規格(日本工業規格)外なので一定しないが,173mm×106mmが標準である。新書という名称は,イギリスのペリカン・ブックス(ペンギン・ブックス)に範をとり,1938年に岩波書店が創刊した〈岩波新書〉に由来する。〈岩波新書〉は,〈岩波文庫〉をはじめとする文庫が,すでに古典としての声価を確立した作品を収録していたのに対し,斎藤茂吉《万葉秀歌》,三木清《哲学入門》,吉田洋一《零の発見》,吉川幸次郎三好達治《新唐詩選》など,同時代に属する筆者による書下ろしを中心に,〈現代人の現代的教養〉を追求する,いわゆる教養書としての性格を備え,分量も手ごろで廉価なこともあって,学生,知識人を中心に安定した読者を獲得した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんしょ【新書】

[0][1] 新しく出版された本。新刊書。
[0] 書物の形式の一。文庫より少し大きめの型で、軽い教養ものや小説などをおさめた叢書。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

新書の関連キーワード番線~本にまつわるエトセトラ~死せる王女のための孔雀舞講談社火の鳥伝記文庫ターヘル・アナトミアポケットエディション静山社ペガサス文庫ポプラポケット文庫小学館ジュニア文庫彼は花園で夢を見るターヘルアナトミア船に艪舵の無いようひらひらひゅ~んT・E・ロレンスさざめく黄金の波集英社みらい文庫この貧しき地上に講談社青い鳥文庫暴れん坊本屋さん岩波書店[株]ウィングス文庫

新書の関連情報