コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おや

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ツリー構造において、分岐元ののこと。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おや【親/祖】

(親)子を生んだ人。父と母の総称。また、その一方。養父母などにもいう。また、人間以外の動物にもいう。「実の―」⇔
(親)同類を増やすもとになるもの。「サトイモの―」「―木」⇔
(親)同種のもののうち、中心的役割を果たすもの。また、比較して大きいもの。「―会社」「―指」⇔
(親)花札・トランプ遊びなどで、札などを配り、中心となってゲームを進行させる人。「―を決める」⇔
(親)無尽などの発起人。
親株2」の略。
祖先。「―代々の土地」
「おぼろかに心思ひて空言(むなこと)も―の名絶つな」〈・四四六五〉
物事の始め。元祖。
「物語の出で来はじめの―なる竹取の翁(おきな)」〈・絵合〉
上に立つ人。かしら。
「国の―となりて」〈・桐壺〉
[下接語]命の親生みの親烏帽子(えぼし)親男親帯親女親片親仮親契約親講親里親実親育ての親乳(ち)親父(ちち)親父(てて)親胴親名親名付け親母親二親褌(へこ)親継(まま)親養い親寄り親

しん【親】

したしいこと。したしみをもつこと。⇔疎(そ)
みうち。みより。親族。「大義を滅(めっ)す」

しん【親】[漢字項目]

[音]シン(呉)(漢) [訓]おや したしい したしむ ちかい みずから
学習漢字]2年
〈シン〉
父母。おや。「親権養親両親老親
縁続きの身内。「親戚(しんせき)親族親類近親肉親
身近に接してしたしくする。したしい。「親愛親交親切親睦(しんぼく)親友懇親和親
自分で直接に。みずから。「親告親書親政親展
〈おや〉「親子親心里親父親母親
[名のり]いたる・ちか・ちかし・なる・み・みる・もと・よしみ・より
[難読]親族(うから)親父(おやじ)親仁(おやじ)親爺(おやじ)親王(みこ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しん【親】

したしいこと。したしみ。よしみ。 ↔ 「両隣と-を結ぶ」 「 - ・疎の別なく」
親・兄弟などの近親者。親族。みうち。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【親子】より

…父母と子の関係を指すが,生みの親と子の血縁的な関係だけではなく,養親と養子,親分と子分,親方と子方の関係のように,法制上,習俗上親子関係が擬制される関係(擬制的親族関係)を指しても用いられる。
[親子と血縁]
 親子関係では,とくに血のつながりという自然的要素が強調されるが,いずれの社会でも,血のつながりがあればただちに社会的にも親子関係が発生するとされているわけではない。…

【家父長制】より

…【西村 重雄】
[中国]
 甲骨文や金文では,〈父〉字は権威のシンボル(斧,杖,火などの諸説あり)を手に持った形といわれ,子に対する父の権威は早くから成立していた。しかし殷代の父は一面で実父の世代に与えられた類別的親族称呼でもあった(多父)。殷の中期以後,王位の継承は兄弟相続から父子相続に変化し,周も嫡長子を宗家の継承人とする宗法が発達したが,殷・周時代の父子関係にはまだ宗族組織が強くからんでいた。…

【子ども(子供)】より

…現在最も一般的なのは,おとな(成人)の対概念としての子どもであり,この場合は,個体としての生命の発生から成人するまでのあらゆる段階にあるもの,すなわち,胎児,乳幼児,児童,少年少女などを総称する。次いで親の対概念としてのそれは,年齢や生物的・社会的成熟度とは無関係に,先行世代の個体によって生み出されたもの,もしくはそれと同等の役割をとる者の総称である。そのほか従者や使用人を呼ぶ場合もあり,また古くは,歌舞伎の若衆や遊里の遊女の呼称でもあった。…

※「親」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

親の関連キーワードゴールトシュミットの元素分類瓜の蔓に茄子はならぬ親思う心にまさる親心ゴッドファーザー共親さくらんぼ餅子を捕ろ子捕ろ親取り子取りツリー構造十六むさし水無瀬家親無尽講清書無筆名づけ親烏帽子親面会交流親子電話みずから親・祖保護者親無し

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

親の関連情報