官幣社(読み)かんぺいしゃ

  • かんぺいしゃ クヮンペイ‥
  • かんぺいしゃ〔クワンペイ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神社の旧社格の一つ。古くは『延喜式』に詳しく規定されており,国家のために霊験著しく,祈年祭,月次祭,新嘗祭神祇官から幣帛 (へいはく) の供進を受けた神社。国幣社と合せて官社とも呼ばれた。明治以降は,主として歴代皇室の尊崇した神社で,宮内省から幣帛料の供進を受けた神社をいい,大社,中社,小社,別格官幣社の別があったが,1945年にこの名称は廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

古くは神祇官から、明治以降は皇室から幣帛を奉った、社格の高い神社。大社・中社・小社・別格官幣社の別があった。皇室崇敬の神社や天皇・皇族・忠臣などを祭る神社が多い。昭和21年(1946)廃止。→国幣社

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古代の神社制度で、神祇官(じんぎかん)より幣帛(へいはく)を供え、祀(まつ)った神社。また明治の制では祈年(きねん)祭・新嘗(にいなめ)祭・例祭に皇室から幣帛を供えた神社のこと。国幣社とともに官国幣社(かんこくへいしゃ)といわれ、俗に官社ともいわれた。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 令制で、神祇官(じんぎかん)から幣帛(へいはく)を捧げられた、格式の高い一定の神社。
② 明治以降、第二次世界大戦終結までの間、宮内省から幣帛を捧げられた神社。大社、中社、小社、別格の四等級があり、皇室崇敬の神社および天皇、皇族、功臣をまつった神社が大部分を占める。
※新聞雑誌‐明治七年(1874)九月一二日「今般官幣社、国幣社費額別紙の通相定」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の官幣社の言及

【官国幣社】より

…神社を国家が直接管理した時代の社格の一つ。官幣社と国幣社の総称。官社ともいう。…

【式内社】より

…起源は不詳であるがおよそ7世紀末の白鳳期ころからとみられ,しだいに数を増して,10世紀の延喜ころまでにそのような数になったものとみられる。神祇官が奉幣しまつる官幣社と,国司が奉幣しまつる国幣社とがあり,それぞれ大,小にさらに区分され,また大に名神大社(みようじんたいしや)と大社とがあった。その数をあげると,官幣大社304座・198所(名神大社124座・74所,大社180座・124所),官幣小社433座・375所,国幣大社188座・155所(名神大社161座・129所,大社27座・26所),国幣小社2207座・2133所となる。…

【別格官幣社】より

…国家神道のもとでの社格の一つ。律令制下の主要な神社は,神祇官が祭祀する官社に列せられたが,平安時代初頭に僻遠の地にある神社は神祇官に代わって国司が奉幣することになったので,前者を官幣社,後者を国幣社と称した。1868年(明治1),神祇官が再興され,71年には新しい官国幣社が定められたが,官幣社は歴代天皇・皇族をまつる神社と皇室の尊崇の厚かった神社,国幣社は延喜の制における国幣社と国土経営上重要な役割を果たした神社が列せられ,官幣社,国幣社ともに大・中・小の社格に分けられた。…

※「官幣社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android