コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御拝/向拝 ゴハイ

デジタル大辞泉の解説

ご‐はい【御拝/向拝】

天皇が毎朝、清涼殿の石灰(いしばい)の壇で、神宮・内侍所(ないしどころ)以下を拝すること。
「内侍所の―の数をかずへられければ」〈増鏡・おりゐる雲〉
こうはい(向拝)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御拝
ごはい

向拝」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

御拝/向拝の関連キーワード向拝・御拝山内 盛熹野村安趙伯家神道内侍所工工四

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android