コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親鸞上人伝絵 しんらんしょうにんでんえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

親鸞上人伝絵
しんらんしょうにんでんえ

浄土真宗の開祖親鸞の伝記を絵画化したもの。親鸞の曾孫覚如が永仁3 (1295) 年に詞を作り,画僧浄賀に描かせた『善信上人絵』2巻が最初であるが伝存しない。覚如はその後も内容を増補して弟子たちに与え,また各門派によって多くの親鸞伝絵が制作された。主要作品に『善信上人絵』2巻 (琳阿本西本願寺) ,『善信上人絵』5巻 (詞書は覚如,専修寺) ,『本願寺聖人伝絵』4巻 (1343,宗舜,円寂筆,東本願寺) などの絵巻があり,また掛幅の作品も残る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

親鸞上人伝絵の関連キーワード徳力 富吉郎

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android