コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親鸞上人伝絵 しんらんしょうにんでんえ

1件 の用語解説(親鸞上人伝絵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

親鸞上人伝絵
しんらんしょうにんでんえ

浄土真宗の開祖親鸞の伝記を絵画化したもの。親鸞の曾孫覚如が永仁3 (1295) 年に詞を作り,画僧浄賀に描かせた『善信上人絵』2巻が最初であるが伝存しない。覚如はその後も内容を増補して弟子たちに与え,また各門派によって多くの親鸞伝絵が制作された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

親鸞上人伝絵の関連キーワード覚如上人教行信証浄土真宗大谷本廟御取越御開山御正忌列伝玉日親鸞上人絵伝