コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚如 カクニョ

6件 の用語解説(覚如の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かくにょ【覚如】

[1270~1351]鎌倉後期の浄土真宗の僧。親鸞(しんらん)の曽孫。大谷廟堂本願寺と称し、親鸞の孫如信から相続した三代伝持の血脈を説いて教団統一を図った。著「親鸞伝絵」「報恩講式」「口伝鈔」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

覚如【かくにょ】

本願寺第3世。諱は宗昭(そうしょう)で,別号を毫摂(ごうしょう)という。父は親鸞の末娘覚信尼(かくしんに)の子覚恵(かくえ)。1286年一条院覚昭のもとで得度した。
→関連項目浄賀浄土真宗

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚如 かくにょ

1271*-1351 鎌倉-南北朝時代の僧。
文永7年12月28日生まれ。親鸞(しんらん)の曾孫。覚恵(かくえ)の長男。浄土真宗本願寺3世。善鸞の子如信にまなぶ。延慶(えんきょう)3年親鸞の墓所である大谷廟堂の留守職に就任,本願寺と改称。「法然-親鸞-如信」三代伝持の正統性を主張し,本願寺教団の基礎をつくった。観応(かんのう)2=正平(しょうへい)6年1月19日死去。82歳。京都出身。法名は宗昭。別号に毫摂。著作に「口伝鈔」「親鸞伝絵」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

かくにょ【覚如】

1270‐1351(文永7‐正平6∥|観応2)
本願寺第3世。童名を光仙,諱(いみな)を宗昭と称し,別号を毫摂という。父は親鸞の末娘覚信尼の子覚恵。5歳の秋より慈信房澄海に内外の典籍を学び,延暦寺宗澄,園城寺南滝院浄珍,興福寺一乗院信昭らにも師事した。1286年(弘安9)一乗院覚昭のもとで薙度受戒した。広橋中納言兼仲の猶子となり,勘解由小路法印と称した。その後,行寛につき法相を学んだが,87年,親鸞の孫如信(本願寺2世)に面謁,さらに翌年親鸞の高弟唯円に法儀上の疑義を問いただした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かくにょ【覚如】

1270~1351) 本願寺第三世法主ほつす。覚如房宗昭しゆうしよう。親鸞の娘覚信尼の孫。北陸・関東・奥州に布教。親鸞の本廟を本願寺とし、教団の基礎を確定した。著「報恩講式」「改邪鈔」「親鸞聖人伝絵」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

覚如
かくにょ
(1270―1351)

鎌倉後期の浄土真宗の僧。本願寺第3世。諱(いみな)は宗昭(そうしょう)。父は親鸞(しんらん)の孫、覚恵(かくえ)。若くして父とともに親鸞の遺跡を3年間巡拝し、帰洛(きらく)後、東山大谷に住し、1295年(永仁3)には『親鸞聖人絵伝』をつくり、その6年後には『拾遺古徳伝(しゅういことくでん)』を書いて遺徳を顕彰した。しかし大谷の親鸞祖廟(そびょう)の相続について唯善(ゆいぜん)(覚恵の異父弟)との間に紛争(いわゆる唯善事件)が起こり、覚恵・覚如は大谷の廟堂を追われた。覚如は、父の没後、紛争が解決し安堵(あんど)したが、ただちに大谷帰住を受け入れられず、留守職(るすしき)を認められるために門弟あて「懇望状(こんもうじょう)」を書くという苦い経験を味わわされた。1310年(延慶3)留守職就任を認められると、彼は東国、北陸などに布教伝道を行い、また当時おこり始めた異端邪説を排し、宗義を宣揚するため『口伝鈔(くでんしょう)』(1331)、『改邪鈔(かいじゃしょう)』(1335)など多数の著述をものにしている。とくに注目されることは、法然(ほうねん)(源空)―親鸞―如信(にょしん)(親鸞の孫)と相続した三代伝持の血脈(けちみゃく)と、留守職という名の血統相継とを強調して、「本願寺」の傘下に門徒全体を糾合する統率者の地位を不動のものにしようとしたことである。本願寺教団の基盤は覚如によって確立したといえる。[石田瑞麿]
『重松明久著『覚如』(1964・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の覚如の言及

【大谷本廟】より

…その後,尼の次子唯善が留守職の権を奪おうとして堂を破壊する事件があった。第3世留守職覚如は廟堂を寺院化して本願寺と称した。堂は1336年(延元1∥建武3)の兵火に焼け,1465年(寛正6)比叡衆徒の破却に遭った。…

【親鸞】より

…親鸞帰洛後の東国では,数々の念仏者の集団が生まれ,教団への道を進むようになったが,唯円の著とされる《歎異抄(たんにしよう)》は,そうしたなかで親鸞の信仰の根本を伝えようとしたものであった。親鸞の没後,京都では親鸞の曾孫覚如が本願寺を中心に真宗教団の統一をはかり,1294年(永仁2)に《報恩講式》,翌年に《本願寺聖人親鸞伝絵》を著した。この最初の親鸞伝は,貴族的な出自を強調し,如来の化身とするなど,教団の統一をめざす覚如の,祖師神格化の意図が強くあらわれているが,後世教団で語られる親鸞像の基礎となった。…

【存覚】より

…諱(いみな)は光玄。父は本願寺第3世覚如。東大寺で薙髪し,興親と称す。…

【慕帰絵詞】より

…親鸞の後継者で本願寺発展の基礎を開いた第3世覚如(1270‐1351)の伝記を描いた絵巻。西本願寺所蔵。…

【本願寺】より

…これを大谷廟堂と称し,覚信尼および彼女の子孫が留守職(るすしき)となりその管理に当たった。2代留守職は覚信尼の子覚恵,3代は覚恵の子覚如が継承した。覚如は廟堂を寺院化しようと図り,1312年(正和1)廟堂に専修寺の額を掲げたが,比叡山僧徒から専修念仏禁止いらい使用してはならない専修の語を寺号にすることについて抗議をうけ,寺額を撤去した。…

※「覚如」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

覚如の関連キーワード赤松範資勘仲記仁木頼章正平正平革慕帰絵詞慈玄日野光国藤原実隆

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

覚如の関連情報