コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観世豊次 かんぜ とよつぐ

1件 の用語解説(観世豊次の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

観世豊次 かんぜ-とよつぐ

1525-1585 戦国-織豊時代の能役者小鼓(こつづみ)方。
大永(たいえい)5年生まれ。観世信光の孫。宮増親賢(ちかかた)(初代観世新九郎)にまなぶ。名手としてならし,2代観世新九郎となった。天正13年8月9日死去。61歳。通称は彦右衛門。号は吽斎(うんさい)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の観世豊次の言及

【観世流】より

…(1)能のシテ方の流派名。流祖の観阿弥清次(かんあみきよつぐ)(1333‐84)は,南北朝ころ奈良盆地南部で活動したらしい山田猿楽美濃大夫の養子の三男で,通称三郎,芸名を観世という。観阿弥は多武峰(とうのみね)寺や春日興福寺の神事猿楽に《式三番》(《翁》)を務めるための組織であった大和猿楽四座の一つ結崎(ゆうざき)座に所属し,演能集団の代表者である大夫(棟梁の為手(して))として活躍した。座名の観世は彼の芸名に由来する。…

※「観世豊次」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

観世豊次の関連キーワード織豊時代観世十郎幸忠能金剛氏正金春喜家佐知景則慈雲院治兵衛(1)中村一噌宝生宝山

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone