コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観世信光 カンゼノブミツ

7件 の用語解説(観世信光の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かんぜ‐のぶみつ〔クワンゼ‐〕【観世信光】

[1435~1516]室町中期の能役者・能作者。通称、小次郎音阿弥の子。幼い大夫の後見役として若手を育成、自らワキ役となり、ワキ師の祖といわれる。また、大鼓(おおつづみ)の名手。作「安宅(あたか)」「紅葉狩」「船弁慶」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

観世信光【かんぜのぶみつ】

室町末期の能役者,能作者。音阿弥の第7子。通名小次郎。観世座(観世流)の権守(ごんのかみ)として,能の全職種にひいでた名手。作品は歌舞伎にも移行された《安宅(あたか)》《船弁慶》《紅葉狩》など。
→関連項目道成寺謡曲

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

観世信光 かんぜ-のぶみつ

1435-1516 室町-戦国時代の能役者。
永享7年生まれ。音阿弥(おんあみ)(観世元重)の子。観世座の大鼓(おおつづみ)方。兄観世正盛の没後はその子の之重(ゆきしげ),孫の元広を補佐し,みずからシテ方もつとめた。応仁(おうにん)の乱以後は,大夫(たゆう)代理の権守(ごんのかみ)として観世座を代表した。能作者として「船弁慶」「羅生門」「遊行(ゆぎょう)柳」などの作がある。永正(えいしょう)13年7月7日死去。82歳。通称は小次郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

観世信光

没年:永正13.7.7(1516.8.5)
生年:永享7(1435)
室町中・後期の観世座の能役者。音阿弥の第7子。音阿弥亡きあとの観世座を盛りたて,能作にも新風を開いた。通称小次郎。のちに次郎権守。法名太雅宗松。長兄の観世大夫政盛を補佐すべく,叔父の大鼓役者観世弥三郎に師事,大鼓を本業とする。文明2(1470)年の政盛急逝ののちは,幼少の大夫之重(祐賢)を助け,明応9(1500)年の之重早世後は,その子元広(道見)を後見し,観世座の繁栄に寄与した。大鼓のみならず太鼓,シテ,ワキなどの能の諸芸に通じていたので,晩年は権守に任じられた。53歳で再婚し観世長俊ら3子をもうけた。若年の大夫の代理としてシテを勤めることも多かった信光は能作者としても活躍した。『能本作者註文』は信光作として31曲をあげる。代表作に「紅葉狩」「船弁慶」「胡蝶」「遊行柳」などがある。世阿弥風の能のゆきづまりを,多彩なスペクタクル能を開発することで打破した功績は大きい。

(松岡心平)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんぜのぶみつ【観世信光】

1435‐1516(永享7‐永正13)
室町中・後期の観世座大鼓役者で能作者。観世大夫音阿弥元重の第7子。通名小次郎。のちに次郎権守(ごんのかみ)。法名太雅宗松。叔父の大鼓役者観世弥三郎に師事。興福寺衆徒より名人に与えられる名誉号的称号である権守に任じられ,その神技を賞した友梅という明国人から〈催花〉の2字を大書した額(現存)を贈られるなど,大鼓名人として知られる。謡にも堪能であったらしく,1503年(文亀3)3月に三条西実隆作詞の能《狭衣》上演にあたり,作曲者として詞章の質疑のため実隆邸を訪れている(《実隆公記》)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かんぜのぶみつ【観世信光】

1435~1516) 室町後期の能役者・能作者。観世座大鼓方おおつづみかた。音阿弥の子。通称、小次郎。幽玄を主とする従来の能と異なる劇的な能を作った。作「船弁慶」「安宅」「紅葉狩」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

観世信光
かんぜのぶみつ
(1435―1516)

室町末期の能役者、能作者。通称小次郎。音阿弥(おんあみ)の第7子。大鼓(おおつづみ)の名人として名高く、観世座の「権守(ごんのかみ)」として活躍した。これは、どの役に支障がおきてもすぐにかわりうる幅広い芸力と芸位をもった長老に与えられる称号である。幼い大夫(たゆう)の後見として一座を守り、ワキの役を得意としたともいう。作者としても能に劇的生命とショー的な絢爛(けんらん)さを加えた技量の持ち主で、歌舞伎(かぶき)にそのまま移行された作品も多い。『紅葉狩(もみじがり)』『船弁慶(ふなべんけい)』『羅生門(らしょうもん)』『張良(ちょうりょう)』などがある。『鐘巻(かねまき)』(『道成寺(どうじょうじ)』の原作)も彼の作とされる。ワキの役の活躍、登場人物や扮装(ふんそう)のにぎやかさ、変化に富んだ演出が特徴で、現代においても人気曲である。世阿弥(ぜあみ)風の詩劇的方向の作品にも『遊行柳(ゆぎょうやなぎ)』『胡蝶(こちょう)』の佳作を残している。[増田正造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の観世信光の言及

【安宅】より

現在物観世信光作。シテは武蔵坊弁慶。…

【鐘巻】より

…非現行演目。観世信光作。シテは白拍子,実は女の怨霊。…

【胡蝶】より

鬘物(かつらもの)。観世信光作。シテは胡蝶の精。…

【張良】より

…四・五番目物。観世信光(のぶみつ)作。シテは黄石公(こうせきこう)。…

【道成寺】より

四番目物。原作である《鐘巻(かねまき)》は観世信光作。シテはまなごの長者の娘の怨霊(おんりよう)。…

【能】より

…近江猿楽には犬王(いぬおう)(後の道阿弥)という幽玄風の名手が出たが,後継者に恵まれず,室町中期から急速に衰えた。一方,大和猿楽は観世座を先頭に他の3座も力を伸ばし,観世元雅(もとまさ),金春禅竹(ぜんちく),観世信光(のぶみつ)らがそれぞれの持ち味の作能を行うなどして,他の地方の猿楽を圧倒した。 桃山時代の豊臣秀吉は大の能好きで,猿楽者の保護に気を配り,みずから舞台にも立った。…

【船弁慶】より

…(1)能 五番目物観世信光(のぶみつ)作。前ジテは静御前。…

【風流能】より

…美少年が小歌,曲舞(くせまい),羯鼓(かつこ)などの芸能を尽くす《花月》,武士の鬼退治をみせる《土蜘蛛》,天人の舞が中心の《羽衣》など,人間の心理や葛藤を描くよりも見た目のおもしろさや舞台上のはなやかな動きを中心とした能を指し,広い意味では脇能(神霊が祝福を与える内容)も含まれる。なかでも観世信光作《玉井(たまのい)》《竜虎(りようこ)》《愛宕空也(あたごくうや)》,金春禅鳳(こんぱるぜんぽう)作《嵐山》《一角仙人》,観世長俊作《江野島(えのしま)》《輪蔵(りんぞう)》などは,華麗な扮装の神仏,天仙,竜神などが次々と登場して舞台を動き回り,大がかりな仕掛けの作り物を活用し,アイ(間)も《玉井》の〈貝尽し〉,《嵐山》の〈猿聟〉,《江野島》の〈道者〉のように,にぎやかにくふうを凝らす(ただし,今日これらのアイは特別な場合しか上演しない)など,全体がスペクタクル・ページェント・ショーとして統一されている。日本では,スペクタクルやショーに類するものを古来〈風流〉と称したので,この種の能を風流能と名づけた。…

【紅葉狩】より

…鬼物。観世信光(のぶみつ)作。シテは戸隠(とがくし)山の鬼神。…

【遊行柳】より

三番目物観世信光作。シテは老木(おいき)の柳の精。…

【羅生門】より

…鬼物。観世信光作。シテは羅生門の鬼神。…

【竜虎】より

五番目物観世信光作。前ジテは唐土の老人。…

※「観世信光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

観世信光の関連キーワード奥羽本線秋田新幹線蔭涼軒日録広軌アラスの和約新幹線山形新幹線観世信光観世信光観世信光

観世信光の関連情報