コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観音崎 かんのんざき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

観音崎(石川県)
かんのんざき

石川県七尾(ななお)市崎山(さきやま)半島の先端にある岬。能登(のと)島との間に小口(こぐち)瀬戸があり、七尾港への通路にあたるので、1914年(大正3)観音崎灯台が崖(がけ)上に設置された。石の堤防を伝って渡れる観音島には観音堂があり、風光に優れている。能登半島国定公園に属する。[矢ヶ崎孝雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

観音崎の関連情報