観音崎(読み)かんのんざき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

観音崎(石川県)
かんのんざき

石川県七尾(ななお)市崎山(さきやま)半島の先端にある岬。能登(のと)島との間に小口(こぐち)瀬戸があり、七尾港への通路にあたるので、1914年(大正3)観音崎灯台が崖(がけ)上に設置された。石の堤防を伝って渡れる観音島には観音堂があり、風光に優れている。能登半島国定公園に属する。[矢ヶ崎孝雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

観音崎の関連情報