コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角坊光盛 すみのぼう みつもり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

角坊光盛 すみのぼう-みつもり

?-? 織豊時代の能面師。
角坊光増の子。山城(京都府)日野の法界寺角坊の坊官文禄(ぶんろく)2年(1593)父とともに豊臣秀吉の命をうけ,金春(こんぱる),観世(かんぜ)の古面を模作し,秀吉に天下一の称号をゆるされる。仏像補修も手がけた。通称は若狭守。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android