観世(読み)カンゼ

大辞林 第三版の解説

かんぜ【観世】

〔創始者観阿弥清次の幼名観世丸から〕
「観世流」の略。
「観世座」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かんぜ クヮンゼ【観世】

[1]
※雑俳・柳多留‐九二(1827)「観世と号し北流へむすこ行」
[2] 〘名〙
※随筆・猿楽伝記(1736‐41頃か)上「太閤御代世間に繁昌して能太夫余多ありといへとも金春観世最上たるも右の訳故也」
※浄瑠璃・狭夜衣鴛鴦剣翅(1739)四「ゆはへつけたるこよりさへ、くんぜにあらぬくんじんのへい」

かんぜ クヮンゼ【観世】

能楽師の一つ。→観世流

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

観世の関連情報