観世(読み)カンゼ

  • かんぜ クヮンゼ
  • かんぜ〔クワンゼ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

[1]
※雑俳・柳多留‐九二(1827)「観世と号し北流へむすこ行」
[2] 〘名〙
※随筆・猿楽伝記(1736‐41頃か)上「太閤御代世間に繁昌して能太夫余多ありといへとも金春観世最上たるも右の訳故也」
※浄瑠璃・狭夜衣鴛鴦剣翅(1739)四「ゆはへつけたるこよりさへ、くんぜにあらぬくんじんのへい」
能楽師の姓の一つ。→観世流

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

観世の関連情報