観世(読み)かんぜ

精選版 日本国語大辞典「観世」の解説

かんぜ クヮンゼ【観世】

[1]
※雑俳・柳多留‐九二(1827)「観世と号し北流へむすこ行」
[2] 〘名〙
※随筆・猿楽伝記(1736‐41頃か)上「太閤御代世間に繁昌して能太夫余多ありといへとも金春観世最上たるも右の訳故也」
浄瑠璃・狭夜衣鴛鴦剣翅(1739)四「ゆはへつけたるこよりさへ、くんぜにあらぬくんじんのへい」

かんぜ クヮンゼ【観世】

能楽師の一つ。→観世流

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android