観世(読み)かんぜ

精選版 日本国語大辞典「観世」の解説

かんぜ クヮンゼ【観世】

[1]
※雑俳・柳多留‐九二(1827)「観世と号し北流へむすこ行」
[2] 〘名〙
※随筆・猿楽伝記(1736‐41頃か)上「太閤御代世間に繁昌して能太夫余多ありといへとも金春観世最上たるも右の訳故也」
浄瑠璃・狭夜衣鴛鴦剣翅(1739)四「ゆはへつけたるこよりさへ、くんぜにあらぬくんじんのへい」

かんぜ クヮンゼ【観世】

能楽師の一つ。→観世流

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「観世」の解説

かんぜ〔クワンゼ〕【観世】

能楽師の姓の一。シテ方ほか小鼓方大鼓方太鼓方にこの姓がある。

観世流」「観世座」の略。
観世水」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android