角竜(読み)つのりゅう

世界大百科事典 第2版の解説

つのりゅう【角竜】

爬虫綱鳥盤目の1亜目Ceratopsia。すなわち角を備えた恐竜一群。恐竜の進化史からみると最後の時期に出現した。北アメリカあるいはアジアの白亜紀後期の代表的な恐竜である。頭部に角が生じることで防御形態を確立した。祖型モンゴルで発見された体長2mほどの植食性二脚歩行のプシッタコサウルスPsittacosaurusと考えられている。オウムのようなくちばしをしており,頭部に角竜様の特徴がわずかにみられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

角竜の関連情報