角蛙(読み)つのがえる

精選版 日本国語大辞典「角蛙」の解説

つの‐がえる ‥がへる【角蛙】

〘名〙 ミナミガエル科のカエル。体長一五~二〇センチメートル。頭と口がきわめて大きくがんじょうで、上まぶたが変形して三角形の屈曲できる角状突起となっている。体の地色・黒・褐色がまざり、頭とが鮮明なオレンジ色をしている。南アメリカにすみ、小さなカエル・ネズミ小鳥などを食べる。約一〇種ある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「角蛙」の解説

つの‐がえる〔‐がへる〕【角×蛙】

無尾目レプトダクチルス科の両生類。体長10~15センチ。頭と口が大きく、上まぶたが角状の突起となり、体は緑・黒・褐色の斑紋がある。ブラジル北部の密林にすみ、地中に体半分を埋め、カエルやネズミなどを捕らえる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「角蛙」の解説

角蛙 (ツノガエル)

動物。レプトダクチルス科ツノガエル属のカエルの総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android