角蟹(読み)つのがに

精選版 日本国語大辞典「角蟹」の解説

つの‐がに【角蟹】

〘名〙 クモガニ科のカニ。本州中部以南の沿岸分布し、水深三〇~一〇〇メートルの海底にすむ。長六センチメートル、甲幅四センチメートルに達し、甲らは丸みのある三角形で中央部が隆起し、二本の額棘は長い。全体が短毛におおわれ、体色は黄褐色だが、生時は海藻海綿などをつけて偽装している場合が多い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「角蟹」の解説

つの‐がに【角×蟹】

クモガニ科のカニ。水深30~100メートルの海底にすむ。甲は山高の三角形で前端から長いとげが伸び、体表に海藻や海綿動物などを付けている。本州中部以南に分布。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「角蟹」の解説

角蟹 (ツノガニ)

学名Hyastenus diacanthus
動物。クモガニ科のカニ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android