コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角閃石片岩 かくせんせきへんがん

岩石学辞典の解説

角閃石片岩

amphibole-schist: 主として角閃石からできている片岩[Zirkel : 1866].
hornblende-schist: Ca-角閃石(hornblende)が主要な鉱物である片岩.斜長石およびときに石英が主要なフェルシック鉱物成分である[Voigt : 1792].片状構造が失われるにしたがって,岩石は角閃石片麻岩(hornblende-gneiss)から角閃岩(amphibolite)へと移行する.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

角閃石片岩の関連キーワード青色片岩相フェルサイト片岩榴閃岩片理藍閃石相変成度チアストリタイトマクリンマイカルサイト結晶片岩

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone