古代文字(読み)こだいもじ

精選版 日本国語大辞典の解説

こだい‐もじ【古代文字】

〘名〙
古代に用いられ、現代は用いられない文字体系。日本では、日文(ひふみ)、阿比留文字(あひるもじ)などの存在が説かれるが、かな、漢字に先立つ確実な遺物はない。こだいもんじ。→神代文字(じんだいもじ)
② 菓子の名。北海道小樽市の名物。打ち菓子で、付近の手宮遺跡の古代の文字と称する文様を表面に打ち出した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古代文字の関連情報